1年目の看護師が直面する3つの壁

2872f4ca626ce516564c476c280c8a74_s.jpg
看護師さんの転職を支援する会社で10年働く中でいろいろな気づきがありました。
そのうちの1つが1年目のナースの葛藤です。
 
■1年目の夏が終わると辞めたくなる

4月から入職をした1年目の看護師さんが半年くらい経過した9月、10月くらいになると転職サイトへの登録が増えるのです。
なぜでしょうか?
そのメカニズムを私はこう考えています。
まず、仕事に慣れてきて少しだけ周りをみるという余裕ができるようになった。そこで、夏休みのお休みもあり看護師仲間だけでない、地元の同級生とも話をしたりして、周りと自分を比較するようになった。
そして、自分はこのままで良いのだろうか?と考えるようになった。
1年目の夏が終わった頃は、まずはじめに”悩む時期”なんだと思います。
==================
『1年目ナースが直面する3つの壁』
1、プリセプター(先輩)とうまくいかない
2、仕事が覚えられない、同じミスをする
3、周りと比較をしてしまう
==================
結果的に何のために看護師になったかを見失い、仕事を辞めたいと考えるようになります。
1つ1つ詳しく説明しながらアドバイスをできたらと思います。

 

1、プリセプター(先輩)とうまくいかない。
1年目の方は、この悩みが圧倒的に多いです。
一般的に学生から社会人になるので、それだけで責任がのしかかってくると思うのですが、看護師さんの場合はそれにプラスして人の生死に関わる医療現場で患者さんやそのご家族に対しての責任が出てきます。そこにさらに職場の人間関係です。どれだけホスピタリティの高い方であっても気持ちが折れると思います。
プリセプターが自分と合った方であれば、そこでそのストレスが軽減されると思うのですが、なかなかそうもいかないのが現実で、プリセプターの方と合わないとか、現場が忙しくてそれどころではないというのがリアルです。
<アドバイス>
1年目に人間関係に悩むことはみんな同じです。タダでさえストレスフルな状況ですので、先輩看護師からの普通の言葉でもキツく感じているということがあると思います。
こういう時は、ナナメの関係というのが最も良いとされています。タテの関係でもヨコの関係でもなくナナメの関係です。
タテの関係とは自分の直接の上司。ヨコの関係というのは同期。ヨコの繋がりも大切なのですが、同期とコミュニケーションを取るとどうしても愚痴が中心になりストレス発散をした気分にはなるのですが、本質的には改善をされないことが多く、むしろ悪化させることもあります。
そこでナナメの関係が出てきます。ナナメの関係というのは、直接的に関係はないが同じグループには属しているような先輩。
つまり看護師さんの場合は違う病院や病棟での尊敬できる先輩看護師が良いでしょう。そういった方とコミュニケーションを取ることで、程よい距離があることで冷静になれ、気づきをもらえます。その気づきこそが本質的な改善に繋がります。是非、ナナメのコミュニケーションをしっかりと取ってください。
 
2、仕事が覚えられない、同じミスをする
そんなに簡単に仕事は覚えられません。先輩からはいろいろと言われるでしょうし、医療現場ではミスが医療事故にも繋がりますので、それが大きなストレスにもなると思います。そしてまた同じミスを繰り返してしまうという悪循環に陥ります。
<アドバイス>
人間は10人いたら10人みんな違います。それが人間の良いところだと思います。覚えることが早く仕事もあっという間に1人前にできるようになる人もいるかもしれません。でも自分は自分です。これから何十年も看護師として働くことを考えると、その自分とどうやってうまく付き合っていくかは、自分で自分のことを知って認めてあげることだと思います。
仮に今後転職をしたりしても、その先の病院では中途なのにこんなこともできないの?となるかもしれません。その時に自分が自分をしっかりと理解して認めてあげられることが大事だと思います。
 
3、周りと比較をしてしまう
これは、看護師さん自身では、自覚していることは少ないと思うのですが、悩んでいる方と話をしていると、根本的な課題がココにあるケースが多いなと感じていました。
1、2の両方のケースにも当てはまります。例えば同期のA子のプリセプターのKさんはとても良い人だけと私は・・・とか
同期のA子は、仕事ができてもう夜勤に入っているのに私は・・・とか
自分で自分を責めてしまったり、違う病院にいった同級生の話を聞いたりして自分の病院が嫌いになっていったります。こうして現実逃避が始まりどんどん今の自身の置かれている状況を卑下するようになってしまいます。
<アドバイス>
比較をしないようにというのは正直なかなか難しいと思います。ただ、看護師さんの本来の仕事は看護なんです。営業マンで営業成績を競うわけではありません。自分がなぜ看護師を目指したのかとか、どういった看護師にこれからなっていきたいのかとかもう1度原点に立ち帰ったりすると、今の自身の置かれた状況で自分が何をしないといけないのかというのが見えてくると思います。
 
■伝えたい重要なこと

これまで<アドバイス>をいくつか書きましたが、プロのコンサルタントとしてこれは伝えたいです。
苦しい状態を無理して続けることだけが正解ではない。
1年目で鬱になって休職をした看護師さんとたくさん話をしました。
みなさん真面目で頑張ってしまう方という印象でした。
3年は勤めないといけないとか、周りの目とか正直関係ないと思います。それで自分をダメにしてしまうくらいであれば転職をするということも1つの選択肢でありだと思います。
 
ただし、矛盾するのですが
転職をサポートしながらいつも考えていたことがあります。
それは
今の職場で課題を改善ができて働けるのであればそれが1番。
ということです。現状を改善しようとしてチャレンジしてもダメだったら転職をすべき。なぜなら、そうしないと転職先でもまた同じことを繰り返すことになるからです。
まずは、現状と自分自身に本気で向き合ってみてください!そこで見えることたくさんあると思います。
自分らしく看護師として”ワクワク”働く方が少しでも増えるように、私は情報提供を続けられたらと思います。
 
↓転職サイトの裏側含めて書いています↓